他々雑記

とにかく雑記。

世界再編前夜

 

 

 

 

 

明日から4.0が適用される。

ファイナルファンタジーⅩⅣの話だ。

 

 

いわゆるメンテナンス中に突入している

このゲームは今、ユーザの中で少しお祭り状態である。

 

 

 

レベルキャップの解放、

新しいジョブの追加、

新しいエリア、

新しいストーリー、

新しいスキル、アクション、

そして仕様変更など

 

様々な要素が絡み合い、追加される。

ゆえに、期待と不安に胸を膨らせているといった状態だ。

 

 

 

たしかに装備が整ったユーザや、ある程度今までのパッチ分遊びつくした人からすれば今回の新パッチの導入は心躍るものがあるのだろう。

僕自身は、その域まで達していないため大きく不安や期待を抱いているわけではなかった。やるべきこと、と堅苦しいことは言わないが、先に進んでいくために僕がやりたいことが多すぎるのだ。

 

 

去年の7月10日。初めてエオルゼアに降り立った僕。

最初は世界に慣れることにただただ、必死だったように思える。

 

少しずつ、世界を紐解いていくことに熱中した。

 

それでも昨年の秋~冬の間は活動をしなくなった。

ゲームを、というよりは何もしていなかったに等しい。

FFをやっていなかった期間は別にほかのゲームをやっていたわけではない。全くというわけではないが、ほぼやっていない。今思えば、気持ちが途切れていたように思える。

仕事から帰り、ご飯やお風呂など、日常生活をこなすと自然と就寝する時間が訪れる。僕はわりとロングスリーパーだと自覚している分、就寝時間は非常に大切だった。なおのこと、エオルゼアに降り立てなくなってしまった。

 

気持ちが途切れていたことや、リアルでの関係。

様々な要因でインすることすらままならない。

 

 

しかし、たまたまログインしてみたある日のこと。

驚いた。僕のことを覚えてくれている人がいた。

 

その人は、お久しぶりですとtellをわざわざ飛ばしてくれたのだ。

 

その後もレターが届いたり、tellを飛ばしてくれたりと

積極的に僕との関わりを持ってくれた。

 

その人との関りが、僕にとってのパラダイムシフトだった。

 

 

 

 

 

 

そんなことを思い出しながら、ふとこの世界再編前夜を迎える。

たくさんのことをそれからやったよなあ―――――と。ふと思い出しながら。

 

 

 

 

 

ゲームなんだから、悩む必要なんてない。

たしかにそう思う。楽しむものである以上、悩む必要なんて全くと言って、ない。

 

だが、エオルゼアを一つの世界と捉えたうえで、やはり悩むことも必然なのだと思うことが多々ある。だから、悩むことがおかしいなどとも思わない。人と関わりあっていくゲームであるから、なんとなく独りを感じることがあったり、と悩む要因なんて転がっているのは当たり前なのだろう。

 

 

メインを進めた。

極蛮神を討伐できた。

空を飛ぶことができた。

ジョブがカンストした。

 

 

 

様々なことがあった。

素敵な景色や、素敵な人たちに囲まれながら、

ひとりぼっちの戦士はまた歩いていくのだ。

 

 

 

もう少しでエオルゼアに降り立って僕は一年を迎える。

「強くなりたい」と願い続けているのは、多分どのユーザが抱える、願いでもあるのだろう。僕もそのなかのひとりだ。

強くなった、とは正直思わない。強くなったというよりは、世界を紐解けた、という意味合いに近いのかもしれない。だから、まだまだ強くなれる。

 

ひ弱な僕がこの世界で一年を迎えられたときは、こっそりと自分自身に「おめでとう」と伝えてみるつもりだ。そして変わらず僕の周りにいてくれる人にも「ありがとう」と伝えてみよう。

伝えること、それができるのもオンラインの良いところだ。

 

 

 

悩みが立ちふさがったとき、決して高いだけの壁ではないこと。

人によって壁の形や高さは様々なのだろうが、きっと越えるだけのものではないことを教えてもらった。

また一歩ずつ歩いて行こう。それはひどく遅い歩みだとしても。

 

 

この退屈なようで、不思議な前夜。

光の戦士たちは何を考え、何を思っているのだろう。

 

僕は思う。

 

f:id:boc0727:20170615235517p:plain

f:id:boc0727:20170615235613p:plain

f:id:boc0727:20170615235710p:plain

f:id:boc0727:20170615235718p:plain

f:id:boc0727:20170615235732p:plain

f:id:boc0727:20170615235740p:plain

f:id:boc0727:20170615235750p:plain

f:id:boc0727:20170615235810p:plain

f:id:boc0727:20170615235832p:plain

f:id:boc0727:20170615235846p:plain

f:id:boc0727:20170615235917p:plain

 

 

「これからも、よろしく」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする